大領小学校にて授業をしました☆

大領小学校の4年生の皆さんに授業をさせていただきました。

4年生は3クラスで93名の生徒さんがいます。予備も含めて100枚ほどペンキを塗ってボードを用意しました。パステルは色を先に選んでも後から選んでもどの生徒さんにも好きな色が残っているようにと考えて人数の倍以上セットにして用意しました。

2時間目と3時間目の授業です。多目的室に6人ずつ8つに分かれて座ってもらいました。

はじめにチョークアートって何?と言うお話を少しと、チョークアートの描き方を学びながら、各自一枚ずつ小さいボードを制作してもらいました。描くものはスマイルです。

アウトラインの色と中間の色は各自で選んで描いていきます。ハイライトは全員、白で描きます。となりあった色をくるくると混ぜて、その後に指を使って綺麗なグラデーションにします。

☆授業の様子☆

4年生の皆さん集中して描いていました。わからないことも元気に沢山質問してくれました。真っ直ぐな探求心が素晴らしいです。校長先生もみんなの作品制作の様子を見に来てくださいました。

☆完成した作品はこちら☆

とっても素敵なスマイルが完成しました!!色選びに加え、最後に思い思いの顔を描いて個性が溢れ出しました☆ほとんどの生徒さんが初の体験だったと思いますが色の並びの意味を理解して各々工夫していました。描いたものもスマイルでしたが、皆さんの笑顔もいっぱい見せてもらいました(*^_^*)

先生方にご協力いただきましてありがとうございます。作品もとても上手でした。

教頭先生にも写真撮影をしていただきました。

大領小学校のホームページにも掲載いただいています。

また推進委員の松本様、矢田様には準備から片付けまでお世話になりましてありがとうございました。地域のリーダー上村様にもお忙しい中、お越しいただきありがとうございました。

チョークアート作品を少し展示して皆さんに一目見てもらったりもしました。

ある生徒さんの感想は、難しかったけど楽しかったと聞かせてもらいました。そう聞いた瞬間は、あー難しかったかぁ~と今後の改善点を探そうとしましたが、難しいと思ったことを学んでイイ作品が出来ていたので、これもOKな気もしてきました。ただ『わかりやすく伝える』ことは生涯のテーマにしていきたいです。

それぞれに感じたことは違うのだと思いますが、子どもの時代のみずみずしい感性に何か感じてもらえたら嬉しいです。